V6の岡田准一さんがひらパー兄さんを務めることでも同じ、大阪府にあるひらかたパーク

様々なアトラクションで楽しめる遊園地としてお馴染みですが、冬場はウィンターカーニバルとして、スケートリンクも登場し、雪遊びもできるんです。

今回は遊園地だけじゃなく、スケートも楽しめるひらパーについて

  • ひらパーでスケート!気になる料金は?
  • ひらパーのウィンターカーニバルは雪遊びもできる!
  • 雨の場合はどうなる?
  • 持ち物は?
  • ひらパーのスケート!口コミは?

以上のことに付いてご説明したいと思います。

スポンサーリンク

ひらパーでスケート!気になる料金は?

友達にひらパーでスケートができると聞いたんですが、料金はいくらくらいなんでしょうか?
気になる料金をご説明します。

入園&ウィンターカーニバル入園料金

  • 大人:2,000円
  • 子供:1,200円
遊園地で遊んだ後、ウィンターカーニバルでも遊びたくなった場合は別途、ウィンターカーニバル入園料が必要となります。(ウィンターカーニバルだけで遊びたい場合でも基本の入園料は必要です。)

ウィンターカーニバル入園料金

  • 大人:600円
  • 子供:400円

スケート靴貸出料金(15~30cm)

スケートをする場合、スケート靴も必要になります。
  • 大人・子供:600円

入園料+フリーパス+ウィンターカーニバル入園料+スケート靴=合計金額

  • 大人(中学生以上):1,400円+3,000円+6,00円+600円=5,600円
  • 子供(小学生):800円+3,000円+400円+600円=4,800円
  • 2歳~未就学児:800円+1,800円=2,600円
また、これ以外にも駐車場代が乗用車の場合1,500円必要となります。

hirapa- wintercarnival1

関連記事)ひらパーのプール、サ・ブーンの混雑具合は?口コミは?(動画有り)

ひらパーのウィンターカーニバルは雪遊びもできる!

hirapa- wintercarnival4

ウィンターカーニバルって小さい子も遊べるんですか?
スケートリンクの他、雪遊びできるスペースがあるので、雪遊び広場についてご説明します。
雪遊び広場にあるもの
  • 巨大スライダー
  • ミニゲレンデ
  • 宝探しコーナー
  • 雪だるま工場
  • 雪だるま広場
  • 雪投げコーナー

 

無料のソリやヘルメットも貸し出していますが、持参したプラスチック製のソリやおもちゃ(バケツやスコップなど)で遊ぶことも出来ます。

今回3歳の息子を連れて行ったところ大喜びでした。

ミニゲレンデ

hirapa- wintercarnival11

大阪はほとんど雪が降らないので、ソリの名前は知っていても、実際ソリに乗ったことがあるお子さんは少ないと思います。私の息子もそうでした。ソリに乗る体験ができるのがこのミニゲレンデです。

1列に並んで、スタッフの方が、ゲレンデの上にいて危なくないように調整してくれます。

実際の動画がこちら。ミニゲレンデとはいえ、結構スリルありますよ^^

巨大スライダー

hirapa- wintercarnival6

こちらは迫力もあって大人も楽しめます。結構長蛇の列を作っていて待ち時間は20分程度でしたが・・・。スタッフの方が秩序を守ってくれているので安全です。スリル満点ですよ。小さなお子様も、写真のように大人と一緒に2人で乗ることができます。

実際の動画はこちら。

雪だるま工場・雪だるま広場

hirapa- wintercarnival2

雪遊びを知らない子供に雪遊びを!ということで、人工雪ですが、雪だるまを作ったり、雪遊びをすることができます。スコプなども貸してくれますし、手ぶらで行っても楽しめますよ。

hirapa- wintercarnival8

雪だるまを作ったら、色をつけることもできます。オリジナルの雪だるまを作ったら、飾るコーナーもありますよ。

hirapa- wintercarnival9

 

雨の場合はどうなる?

hirapa- wintercarnival10

雨が降ったら遊べないんでしょうか?
雨の場合についてご説明します。

雪や氷のコンディションが悪くなりますが、基本的には、雨が降っても営業しています。しかし、雨が強く降ると中止する場合や、エリアの一部が封鎖となる場合があります。

スポンサーリンク

持ち物は?

持って行った方が良い持ち物ってありますか?
スケートの場合、雪遊びをする場合に分けてご説明します。

スケートの場合

  • 手袋
  • マイスケート靴(ハーフスケート靴はトーガード着用・ロングスケート靴は着用不可)

手袋着用が義務ですので、持参し忘れた場合は、売店で300円で販売もしています。何度でも開閉可能なロッカー400円(利用後100円返却)であります。

雪遊びの場合

  • 手袋
  • プラスチック製ソリ
  • プラスチック製おもちゃ(バケツやスコップなど)
  • ヘルメット
  • 着替え

雪を触る上で、手袋は必須です。ソリやヘルメットの無料貸し出しもありますが、数に限りがありますので、持参したものを使うことも出来ます。プラスチック製のおもちゃは持参した物も使えますが、販売もしています。

また、雪の上に座り込んで服が濡れてしまう心配もあるので、着替えもあった方がいいでしょう。

関連記事)関西子連れおでかけスポットのまとめ

ひらパーのスケート!口コミは?

実際行かれた方の口コミを聞けるとうれしいです。
口コミをご紹介します。

https://twitter.com/fukamayu/status/702498758643200000


ありがとうございました。すごく行きたくなりました。

関連記事)大阪の海遊館の料金は?年間パスも購入しました。

最後に

hirapa- wintercarnival

ひらパーのスケートや雪遊びをするときのポイントをまとめました。

  • 入園料+ウィンターカーニバル入園料が必要
  • スケートリンクの他、雪遊びできる広場もある
  • 雨がひどくなると中止になったり、一部封鎖する場合もある
  • 手袋は必須

いかがでしたでしょうか?すぐにでも行きたくなったことでしょう。2月28日までの期間限定OPENです。今年行かれた方は、来年のOPENもまた待ち遠しくなりますね。

◆オススメ◆
関西でお出かけスポット、実際に行ったところだけ、まとめました!よろしければどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関西子連れおすすめ

スポンサーリンク

関連記事はこちら