ママの手作りおもちゃ、子供ってすごく喜びますよね。中でも人気なのは手作りおままごとセット

うちは男の子だけなんで、購入するまでは・・・と躊躇したおままごとセットですが、手作りするととても喜び、男の子でもけっこうお店屋さんごっこや食べる真似など、おままごとをしてたくさん遊んでくれました。

今回は、そんな手作りおままごとセットの中から1つは絶対欲しい、可愛くて彩りとしても華やかな、フェルトを使ったいちごの作り方をご紹介したいと思います。

動画もあるので分かりやすく、簡単に作れます。

Sponsored Link

用意するもの

  • 紙1枚
  • 鉛筆
  • 丸い筒またはコンパス
  • 定規
  • はさみ
  • フェルト:赤
  • フェルト:緑
  • 刺繍糸:緑
  • 赤い糸
  • 綿

Sponsored Link

フェルトでおままごとのいちごを手作りしよう!

ママ Aさん
子供がおままごとセットが欲しいと言うので手作りしてあげたいんですが、簡単に作れるいちごの作り方を教えて下さい。
先輩ママ Bさん
フェルトで作るかわいいイチゴの作り方をご紹介します。

STEP①型紙を作る

ichigo

いちごの型紙を作ります。

紙を1枚用意しましょう。コピー用紙でも、折り紙でも大丈夫です。

STEP②円を描く

ichigo

コンパスか丸い筒などを用意して、半径4cm程の円を描きましょう。

STEP③円の4分の1部分に印をつける

ichigo

円の4分の1部分に定規で印をつけましょう。

STEP④下書き部分をはさみで切る

ichigo

下書きした部分をはさみで切り取りましょう。

③で書いた4分の1部分はカットします。

STEP⑤型紙に合わせて赤いフェルトを切る

ichigo

型紙に合わせて赤いフェルトを切り取りましょう。

STEP⑥刺繍糸でいちごの種を表現する

ichigo

刺繍糸でいちごの種を作っていきます。

3本束程の刺繍糸(緑または白)をフェルトに通し、2巻き程して玉止めします。

STEP⑦玉止めした位置から針をさす

ichigo

玉止めした位置から針をさしましょう。

STEP⑧同じように何度も玉止めをする

ichigo

同じように何度も玉止めをしていきましょう。

STEP⑨全体的にバランスよく

ichigo

全体的にバランスよく、いちごの種をつけていきましょう。

STEP⑩4分の1カットした部分を合わせる

ichigo

4分の1カットした部分を合わせましょう。

STEP⑪赤い糸で縫う

ichigo

⑩の部分を赤い糸で縫い合わせましょう。

STEP⑫縁をなみ縫いする

ichigo

縁をなみ縫いしましょう。

STEP⑬綿を詰める

ichigo

綿を詰めましょう。

STEP⑭糸を引っ張り固定

ichigo

糸を引っ張り絞ったら、綿が出てこないように縫い、固定しましょう。

STEP⑮緑のフェルトを切る

ichigo

緑のフェルトを適当な大きさに切りましょう。

STEP⑯葉っぱの形にする

ichigo

緑のフェルトを葉っぱの形に切りましょう。

STEP⑰しっかり縫って固定する

ichigo

葉っぱの部分を⑭の本体のいちごにくっつけるよう、葉の中心から糸を通し、しっかり縫って固定していきましょう。

STEP⑱出来上がり

ichigo

かわいいいちごの出来上がりです。

ichigo

切込みの角度を変え、深くカットしたら、先の尖ったいちごが出来上がります。

先輩ママ Bさん
いちごの種の色を白や黒い糸に変えて作ってもかわいいでしょう。

{動画}フェルトでおままごとのいちごを手作りしよう!

「この記事の画像及び動画はyoutubeのhanako Mamaさんの許可を得て掲載しております」

ママ Aさん
ありがとうございました。簡単そうなのにかわいいいちごですね!早速作ってみたいと思います。

関連記事)

最後に

いかがでしたでしょうか?フェルトを使った手作りおままごとは、温かみがあり、子供が口に入れても安心です。
かわいいいちごに、子供のテンションも上がり、たくさんおままごとして遊んでくれるでしょう。
また、大好きなママが自分のために作ってくれたというだけで子供の思い出にも残り、大事にしてくれますよね。ぜひ、作ってみてください。

Sponsored Link


関連記事はこちら

注目コンテンツ

買い忘れはありませんか?