Umihachimanguu Eye-catching image

福岡県粕屋郡宇美町にある「宇美八幡宮」ってご存知でしょうか?

子宝祈願、安産祈願の神社として有名で、境内にある子安の石がまた有名で、パワースポットとも言われています。

実は私も訪れ、無事元気な子供を授かることができ、産後お礼参りにも訪れました。

  • 宇美八幡宮にある子安石
  • 安産だけでなく、子宝に効果がある?
  • お礼参りの方法
  • 祈願の方法

など・・・実際訪れ、そのご利益を得られた私がご説明しようと思います。

スポンサーリンク

宇美八幡宮で安産祈願!子安の石とは?

ママ Aさん
宇美八幡宮は安産の神社として有名って聞いたんですが、宇美八幡宮について教えてください。

2009/02/12 18:48

宇美八幡宮の境内奥にある、こぶし大の石がたくさん積み上げられた場所には「子安の石」なる表示があります。

ですが・・・子安の石とされる石は、ほとんど名前の書かれてあるものばかりです。

子安の石で安産祈願

この持ち帰る石の選び方は諸説ありますが、目をつむり、掴んだ石を持ち帰ると良いとされています。

基本的には、安産祈願を終えた妊婦が、安産を願い石を1つ持ち帰り、帰って神棚に飾ると安産になるとされています。

中には、出産予定日に近い方の石を持ち帰るという方も・・・。

たくさんあるので、迷われた時には良いかもしれませんね。

あくまでも、もらって来るのではなく、お借りして来る・・・という気持ちで!

ですが、中には子授けにも効果があるという説もあります。

子安の石で子宝祈願?!

本来なら、妊婦さんが安産のために持ち帰るものですが・・・

中には子宝を願う女性が訪れ、同じように1つ石を持ち帰り、神棚に飾って妊娠を願うと叶うという都市伝説?!も・・・

もちろん、子安の石は、安産のためのものなのですが、そのご利益を得られたという方が多いため、このような都市伝説が生まれたようです。

実は私、こちらの方の伝説を耳にし、不妊治療中に訪れ、実際に授かることができました。

ですが、もらって来るだけじゃダメなんです。

スポンサーリンク

出産後のお礼参りの方法は?

子安の石は、名前などが書かれていたものが多かったと思います。

それは、実際に子供を出産した方がお礼参りに来るからなんです。

では、そのお礼参りの方法をご説明します。

出産後に、

  • 帯祝いとして戌の日にお参りし腹帯として使用したもの
  • 安産祈願で頂いたお守り
  • お札

などをお礼参りで神社に返します。

その時に、安産祈願で持ち帰った子安の石を新しく用意した石に子供の名前等を書いたものと一緒に返すことが慣わしとなっています。

つまり、もらった石と、それ以外にもう1つ新しい石が必要となるのです。

新たな石を用意してお返しするため、こぶし大の石を探すのが大変でした。

うちは丁度祖母宅にいいサイズの石があったので、それを持って行ったのですが、その石を探すため、川に探しに行ったという友達もいました。

umihatiman①

ちゃあ
境内には、慶神天皇御降誕の際、この産湯を用いられたという産湯の水もあり、安産祈願の際にはこちらも忘れないようお参りください。

また、母への感謝・お礼を伝えられる神社ともされています。

https://twitter.com/gochieko/status/818033606199119872

このように、宇美八幡宮は親子をつなぐ神社でもあるのですね。

関連記事)

宇美八幡宮での安産祈願料金は?

2009/02/12 18:50

安産祈願に予約はいりません

直接社務所に行き安産祈願を申込み、初穂料5,000円を納めます。

プラスお気持ちとして、多く納めても良いとされています。

安産祈願で初穂料5,000円を納めると、

  • 安産祈願特別お守
  • 安産祈願特別絵馬
  • エコバック
  • ガーゼハンカチ

が頂けます。

また、安産寿腹帯付き祈願も10,000円であり、通常の安産祈願の際のものとは別に、トートバックや妊婦の名前が書かれた寿腹帯が頂けます。

腹帯がない場合は、3,000円で購入でき、また持参した腹帯も祈祷してお腹に当たる部分に神社の印を押して頂けます。

スポンサーリンク

子宝祈願のご利益もあるって本当?

宇美八幡宮は平安時代から続く安産の神社として有名ですが、実は子宝祈願の神社としても有名です。

「実際子供を授かりました」と安産祈願にも参り、更に「無事産まれました」とお礼参りに来る人の姿も多く目にします。

子宝祈願は祈祷料5,000円を支払い、祈祷して頂くこともできます。

祈祷の後、神主さんに聞くと、子授けの石とされる普段は拝めない隠された石も教えてくれるかもしれません。

umihatimangu

そう・・・都市伝説であったのは、子安の石なのですが・・・実は、普段は見ることのできない子授けの石というものが存在することから、あの都市伝説が生まれたのかもしれません。

詳しくは、現地でお尋ねください。

境内には大きな木がたくさんあり、中でも樹齢2千年を超える湯蓋の森と衣掛の森と言われる今も青々と葉が茂る木の下に立つと、パワースポットと言われるだけの神秘的な力を感じることでしょう。

関連記事)水天宮で安産祈願!必要な持ち物は?

最後に

  • 宇美八幡宮は安産祈願の神社
  • 宇美八幡宮は子宝祈願の子授け神社としても有名で祈祷してもらえる
  • 境内には子安の石があり、安産を願い1つもらって帰る
  • 産後のお礼参りとして新たな石に子供の名前等を書いてもらった石と一緒に返す
  • 安産祈願の初穂料は5,000円で予約はいらない
  • 境内には樹齢2千年を超えるシンボル的今も葉が茂る木がある
  • 宇美八幡宮はパワースポットとしても有名

 

私も実際宇美八幡宮に行き、子安の石をもらい、実際子供を授かることが出来、安産で出産できたため、お礼参りにも行きました。

その際、境内にいらっしゃったご年配の方に「宇美八幡宮は、産みの神社とも言われていて、産み八幡宮とも言う」と聞きました。

安産祈願として、子宝祈願として、ぜひ一度訪れてみることをオススメします。

スポンサーリンク

関連記事はこちら