「こんなこいるかな」はNHKのおかあさんといっしょの中で放送されていたアニメ番組です。

やだもんが一番人気でしょうか。

2015年新しくなって新装版で絵本が帰ってきました。新装版の「こんなこいるかな」の絵本の読み聞かせの動画をあつめました。

ただし、全部で12人ですが、一部はまだ発売されていないので、随時更新していきます。

Sponsored Link

いやだいやだのやだもん

なにをするのも「やだもーん」、のやだもんです。

一緒に遊ぼうといっても「やだもーん」といって砂場で砂山を作ります。
人に言われると「やだもん」だけど、砂場の砂山作りには没頭しています。

こんなこいますよね。

こわがりやのぶるる

とても弱虫で、滑り台も、ブランコもぶるぶる。いつも怖くて震えるぶるる。

ちょっとした音にも、ぶるぶるしてしまいます。こんなこいますよね。

まねっこのまねりん

真似をするのが大好きなまねりん。お友達が何かで遊んでいたら、その真似をするのがまねりんです。

別の遊びを始めたら、その真似をします。

あいでぃあまんのぴかっと

あいでぃあまんのぴかっとは、新しいことを考えて、便利な道具などを作って、いつもみんなを驚かせます。あたまがぴかっと光ったときに思いつきます。

傘がとばされても、シーソーを使って取り返したり、その傘を栗の入れ物にしたり、臨機応変に道具を使うところが本当にあいでぃあまんですね。こんなこいますよね。

ちらかしやのぽいっと

ちらかしやのぽいっとは、何を食べても、ぽいぽい。
遊んだおもちゃや絵本も片付けません。

お友達が遊びにきたときも、まだ眠いと起きてきました。部屋が汚くてボールを見つけることもできません。こんなこいますよね。

がんばりやのがんがん

がんばりやのがんがんはいつも何をするのも一生懸命。手を抜かず、いつも全力を出し切る張り切り屋さんです。

お友達と一緒に魚釣りにいったときも、他の友達が魚を釣っていたので、負けじと大きな魚を釣りましたが、糸が切れて魚に逃げられました。

もう一度魚釣りをやりたかったがんがんですが、他のお友達が帰るというので、そこは折れて帰ることにしました。
帰りの途中、橋にトラブルがあり、、、最後は面白いことがおこりますよ。

Sponsored Link


関連記事はこちら

注目コンテンツ

買い忘れはありませんか?