涼しくなってくると、大好きな人は岩盤浴行きたくなりますね。
体の芯から温まって、デトックスでリフレッシュもできる岩盤浴

妊娠中って岩盤浴に行ってもいいのでしょうか。
妊娠に気付かずに岩盤浴に入ってしまった場合は?

そんな妊婦の岩盤浴についてお話したいと思います。

スポンサーリンク

妊婦が岩盤浴に行っても大丈夫なの?危険性は?

結論から言うと、おすすめできません。

衛生面

044388

お店の岩盤浴はほとんどの場合、朝と夜の2回しか掃除をしていません。
温かい場所は菌が繁殖しやすく、妊婦が細菌に感染すると、中期ころの流産につながる可能性があります
温泉や大浴場でも妊娠初期や後期は“禁忌”となっています。
衛生面を考えると、お腹の赤ちゃんに万が一でも影響を与えてはいけないので、残念ながらおすすめできません。

脱水症状

0c5c9d1f9cb85b1265db42db35153458_s

岩盤浴は、40度前後の快適な浴室で、体の内側からゆっくり温まることで、サウナよりも大量の汗が出ます。
体への負担はサウナよりも軽いと言われていますが、脱水症状を引き起こしやすいです。
妊婦はいつもの健康な体ではないことをふまえ、水分補給をしっかり取っていても脱水症状になりやすいので、大量の汗をかくことはあまりよくないと思います。

スポンサーリンク

転倒の恐れ

081888

温泉よりもたくさん汗をかくので、その分汗で滑りやすいです。
また岩盤浴のあとは血圧が下がり、普通の人でも貧血になりやすいです。
転倒して赤ちゃんに影響を及ぼしてはいけませんので、お店側で断ってくる場合もあります。

妊婦が気付かずに岩盤浴に!胎児に影響は?

8d4de72256a3db974f019da67472b17e_s

岩盤浴好きでよく通っている人なら、妊娠に気付かずに入浴してしまうこともありますね。
岩盤からはラジウムも出ているし、赤ちゃんに何かしら影響を及ぼすのではないかと不安になると思いますが、母体が元気であれば、とくに問題ありません

岩盤浴の岩盤からは、ごくわずかですがラジウム光線が出ています。
ラジウム温泉などと同じ、ラジウムです。
ラジウムと聞くと放射線を思い出す人もいるかも知れませんが、温泉や岩盤浴のラジウムは天然のものであり、放射線量はごくわずかです。

病院のMRI検査の放射線量は、岩盤浴に比べ数百倍~数千倍とも言われています。
それでも私は妊娠中にMRIを撮ったくらいですから、一度の岩盤浴くらいは本当に問題ありません。

妊婦が岩盤浴に行く場合、気をつけることは?

ae8dcb85a5330a50838130cd72a301c8_s

妊娠するとストレスは溜まるし、体はむくみ、腰痛なども気になりますね。
どうしても岩盤浴でリフレッシュしたい場合は、かかりつけの先生の許可を取ってからにした方がいいですね。

先生のOKが出れば、足元に注意して、いつもの半分の時間で出てくるようにしてください。
そのとき水分補給は充分すぎるくらいとるのがいいでしょう。

岩盤浴なら男女混浴のところも多いですので、一人で行ったりせず、夫やパートナー、友達と一緒に行くのをおすすめします。

最後に

私も岩盤浴が好きなので、行きたくなる気持ちはよくわかります。
妊娠中、NOばかり言われていると、余計やりたくなるものですね。

赤ちゃんのことを思うと産後まで待ってからの方がいいと思いますが、我慢できない場合は先生に相談するのもいいと思います。

by lulemon

スポンサーリンク

関連記事はこちら