拭っても拭っても、目やにが出てくる!このままだとどうなっちゃうの(;;)?!失明しない?!
と産院を退院してから1ヶ月経った頃、わたしも悩まされた「鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)
小さな赤ちゃんは少しの変化も気になって、かわいそうでしかたありません。
赤ちゃんの目やにについて調べてみました。

Sponsored Link

赤ちゃんの目から目やにが!考えられる病気とは?

eye1

多くは、結膜炎。そして鼻涙管閉塞が考えられます。
次男が生後1ヶ月ほどのある日、「目やにが気になるなぁ」と思う朝がありました。
その日の夕方にはもう拭っても拭っても目やにが出ていて、最初はぬめっとしていた目やにがこびりついているようになりました。

すぐに受診し先生から、症状が治まらないようなら鼻涙管閉塞の疑いもあるがホコリっぽい部屋での生活なども影響ありではないか。とご指摘頂き、毎日掃除は心がけていましたが、病院から帰宅後もう一度拭き掃除を徹底したのを覚えています。

風邪などで、鼻が詰まり目からではなく鼻からの目やにが出る場合もありますが、この場合は、まず原因である風邪(鼻水)を治す必要があります。

赤ちゃんの目やに、行くなら眼科?小児科?

croup4

まず、わたしは産院の相談窓口に問い合わせてみました。
すると、「風邪ひいてる?そうじゃないならまず眼科に行きなさい」と教えて頂きました。
専門医に診てもらうべきということと、ちょうど真冬だったので小児科で他の病気をもらう危険を言われました。

他に症状がなく目だけに症状がある場合は、眼科受診がベストでしょう。

鼻涙管閉塞ってどんな病気?症状は?

eye2

片目、または両目に大量の目やにが出る。とどの育児書にも説明があります。
結膜炎の場合は、黄色がかった目やにがこびりつく。目が充血している。という症状のようです。

鼻から目に抜ける鼻涙管(びるいかん)が小さな赤ちゃんは管が細く詰まりやすく、詰まった涙が目やにとしてあらわれます。
ほとんどの赤ちゃんは成長に伴い、鼻涙管の太さも確保され治ると言われています。

Sponsored Link

鼻涙管閉塞の治療法は?

eye3

病院では目の洗浄(点眼)を行ってくださいます。

目頭のマッサージと、症状が治まらない場合はブジーといった針を使い管の通りをよくする治療になりますが、わたしが連れて行った眼科の先生は「ここまではあまりならないけどね~1歳近くなっても症状が治まらない場合だけだよ~」とおっしゃっていて3、4ヶ月になるころにはほとんど自然治癒することが多いようです。

マッサージの方法は爪を切った清潔な手で、目頭と鼻筋の間を軽くつまみ(あてがう程度)くるくるくる~と(ちょうど、大人が目が疲れた時にするような仕草です)優しくマッサージします。
出てきた目やには、清潔なガーゼで拭き取ります。

最後に

eye4

止まらない目やにに、わたしは半泣きになりながらあれやこれやと憶測し、清潔にして拭き取っていたらおさまるかなぁと様子をみていましたがゆっくり、落ち着いて症状をみて判断し、早めに受診させることが一番重要です。
なにより!赤ちゃんは清潔にしてあげるのはもちろん。赤ちゃんがいる環境も清潔にしておかなければなりません。

by mk1919

Sponsored Link


関連記事はこちら

注目コンテンツ

買い忘れはありませんか?