乳児湿疹って見ていてとてもかわいそうですよね。

乳児湿疹は個人差があり、新生児期から出る子もいれば、1ヶ月、2ヵ月頃から出る子もいます。

始まる時期も色々ですが、治る時期も、症状も人それぞれ。

どちらにしても、生まれてすぐの赤ちゃんの湿疹は見ているママやパパも辛いですよね。

そんな乳児湿疹の効果的なケアをご紹介いたします。

Sponsored Link

乳児湿疹に効果的なケアは?

乳児湿疹はいろんな種類があるため、湿疹の種類によってケアの仕方が違います。

皮脂が原因の脂漏性湿疹の場合

よく泡立てた石けんで指の腹をつかってやさしく洗います。
皮脂がかさぶたのようになっているところも丁寧に洗いましょう。

すすぐ時は石けんの成分が残らないようにしっかりと流しましょう。

カサカサした乾燥性の湿疹の場合

よく泡立てた石けんで優しく洗います。
乾燥がひどい箇所は石けんをつけるのは2日に1回程度でもいいでしょう。

入浴後には、必ず保湿をしましょう。
病院などでもらう保湿剤でもよいですが、ない場合はホホバオイルなどのベビーオイルを使用するとよいでしょう。

 

Sponsored Link

石けん選びのポイント

soap

使用する石けんは、アトピー用と書かれているものでも、乾燥がひどくなったという話を聞いたことがあります。
私も実際アトピー用と書かれているボディソープを使ってみて、少し洗浄力が高すぎて刺激が強いと感じました。

できるだけ、お肌に優しい無添加のものがよいでしょう。
液体のボディソープよりも固形の石けんの方がよりお肌に優しいです。

石けんの原料は油と水と水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)のみです。
それ以外の原料は、お肌に刺激になるもののことが多いと思われます。
成分をしっかりと見て買いましょう。

私は自分で石けんを作っているのですが、原料に使うオイルがオリーブオイルのみの石けんが一番マイルドで、娘にも使っています。
実際、乾燥肌やアトピーの方から分けて欲しいとよく言われるほど、保湿力抜群なので、オリーブ石けんはオススメです。

強酸性水が効く

強酸性水は多くの医療機関で使われている副作用のない水で、殺菌作用があり、特に皮膚などの痒みを緩和させる効果があります。
赤みがあって炎症を起こしている場合や、痒みがある場合は試してみるとよさそうですね。

使用方法は一日に数回、湿疹部分にスプレーなどで噴霧したり、コットンで拭き取るとよいそうです。

強酸性水はアルカリイオンの浄水器のアルカリイオン水の副産物として出てきます。
アルカリイオン浄水器をお持ちの方はぜひ強酸性水をとっておいて使ってみてください。

強酸性水はおむつかぶれにもよいそうです。

我が家の二人の娘の乳児湿疹とケア

我が家には7歳と3ヶ月の娘がいます。

上の子は生まれて数日、まだ入院していた頃からにきびのような赤い発疹の乳児湿疹ができていました。
額にできていたので、病院でもアトピーの可能性は低いといわれていました。

2ヵ月の頃、保健センターに行って乳児相談を受けたのですが、その時に乳児湿疹の部分をしっかりと石けんを泡立てて洗うように指導されました。
そして、毎日、入浴の時と朝の1日2回、石けんで洗浄していたところ、3ヶ月を過ぎた頃に治りました。

下の子は、生まれてすぐは、赤い発疹ではなく、顔のあちこちに白い乾いた小さな脂肪のかたまりのようなものが数十個ありました。
調べてみるとこれも乳児湿疹の部類だそうです。

こちらもネットでいろいろと調べていると石けんで洗うとよいと書かれていたので、毎日入浴時に石けんで洗浄していました。
その白いポツポツは日を追うごとに減り、1ヶ月を過ぎるころにはかなり少なくなっていました。
その代わり、1ヶ月半頃になると両ほほに赤い湿疹が出来始めました。

最初は大したことなく、痒がることもなかったので、軽い乳児湿疹だろうと思い、毎日石けんでの洗浄をしていたのですが、いつの間にか痒がるようになっていました。

乳児湿疹は痒みはないことが多く、痒みが出てくるということはアトピーの可能性もあるのではないかと心配でした。

そんなある日、上の娘の歯の矯正で歯医者に行ったところ、受付の女性が下の娘の頬の湿疹を見て、何か薬をつけてるの?と聞かれたので、つけていないと答えました。
すると、医療用の強酸性水を勧められました。
その歯医者には強酸性水を作る機械があり、アトピーなどの皮膚炎がひどい人に分けてあげているそうで、試してみないかと声を掛けられたのです。
500mlで100円と安価だったので試してみることにしました。

強酸性水は、一部の皮膚科でアトピーの人のステロイド剤の離脱療法として使われているそうです。

そして使い始めた翌日、真っ赤だった両頬から赤みが消え、掻き潰した湿疹の傷が少し目立つ程度になっていました。

その後、1週間程度でかなりきれいになりました。

nyuujisissin

この数日後にはさらにきれいになりました。

ただ、その後、毎日ケアはしていたものの、乳児湿疹が出てくる根本的な原因がなくなっていないからだと思うのですが、よくなってはまた赤くなり・・・の繰り返しです。

まだ、強酸性水を使い始めて2週間程度なので、これから治るまで写真と共に追記していきたいと思います。

そもそも新生児の乳児湿疹とは?原因は?

乳児湿疹はお母さんからの女性ホルモンの影響や、お母さんが食べた食物からアレルギーを起こしたりしてできると考えられています。

乳児湿疹といってもいろいろなタイプがあります。
新生児ニキビと呼ばれているベタベタしているような湿疹や、脂漏性湿疹のようなカサカサしたものやジュクジュクしたものなど様々です。

mama_baby_cry

まとめ

乳児湿疹は赤ちゃんによって、始まる時期も治る時期も様々です。
原因や症状もそれぞれ違います。

湿疹のタイプによってもケアの仕方が違うので、正しくケアして早く治してあげたいものですね。

byさっちん

Sponsored Link


関連記事はこちら

注目コンテンツ

買い忘れはありませんか?