子供の入園、入学を機にミシンを購入しようか悩んでいませんか?

でもミシンは中学、高校の家庭科以来触っていないし、入園グッズを作るためにわざわざミシンを買うまでもないような?

しかしこれから子供が大きくなるにつれて、習い事や学校の発表会などで衣装や袋物を作る機会も出てくるかもしれません。それなら、やっぱりミシンはあったほうがいいのかしら…

そもそも、初心者にも使いやすいミシンて、どんなもの?

そこで初心者にも扱いやすいミシンの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

初心者に扱いやすいミシンとは?

初心者に優しいミシンは、信頼できるメーカーで、ネットショップで3万円から5万円台のミシンです。

mishin4

実店舗に並んでいるものなら、5万円から8万円あたりのものが、初心者に優しい、いわゆるエントリークラスです。

このクラスのミシンは入園グッズを作るのに最低限必要な「ジグザグ縫い」「ボタンホール」に加え、自動糸調子がついているので、自分で糸調子を取る必要がありません。

縫いたいものをミシンにセットすれば、そのままストレスなく縫えるミシンです。

スポンサーリンク

小さくて軽いはデメリット

世の中の家電は「小さい」「軽い」方向へ進んでいますが、ミシンに関してはデメリットになります。

mishin5

小さいほうが場所を取らないし、軽いほうが持ち運びに便利なのに?

と思われるかもしれませんが、入園・入学グッズで必要なバッグは、持ち手などは生地が重なりけっこう分厚くなるため、パワーが必要です。

そのパワーを出すには、内側のモーターにある程度の大きさが必要です。また針を上下させるとかなり振動しますので、内側の部品は金属製であるほうが、ミシンの耐久性が上がります。

小さくて軽いミシンは、部品もプラスチックでできており、耐久性に欠けるのです。

だからミシンを選ぶ際、注目してほしいのはミシンの重さです。

ミシンを使い慣れていない人ほど、ストレスなく縫えるミシンを使うべきです。ストレスなく縫える性能を持つには、大きさと重量が必要になります。

メーカー別おすすめミシン

この価格帯のミシンは初心者向けなので、扱いやすいのが特徴。家庭科以来のミシンでも、ばっちり縫うことができます。

ブラザーコンピューターミシン LS700

ミシンメーカー大手のブラザーのエントリークラスです。ボタン1つで操作でき、音も静かです。

ジャノメ コンピューターミシン  JP710


ジャノメミシンのエントリークラス。大人気機種JP500の後継機種です。縫い目が美しく、初心者でもストレスなく縫えます。

JUKIミシン HZL-T470

工業用ミシンのシェアNO1のJUKIが作るエントリーモデルは、ジャノメ、ブラザーに比べて少し大き目でパワフル。工業用のノウハウを活かして布を送るので、厚地もスイスイです。

お店選びについて

ミシンを購入する際には、お店選びも大切です。

mshin5

ちなみにミシンは、「店頭販売用」「ネット販売用」「店頭とネット両方OK」というふうに機種が分かれているので、ネットで売れ筋の商品がお店にないということもあります。その逆も。

価格帯が同じなら機能に差はないので、お気に入りのものを選べばOK。

ネットショップで買う際には、実店舗を構えているお店だと安心です。商品レビューだけではなく、お店のレビューもチェックしてください。

万一トラブルが起きたときのために、アフターケアがしっかりしているお店を選んでくださいね。

最後に

学生以来のミシン、としり込みしていても、今のミシンは学生時代に使った学校のものよりも格段に性能がアップしていて、使いやすくなっています。

「でも使うかどうかわからない」というなら、手芸店の入園・入学グッズ作り講座に参加したり、ミシンカフェレンタルミシンなどを利用するという手もありますよ。

武藤はづき より

スポンサーリンク

関連記事はこちら