Water bottle cover Eye-catching image

遠足や夏の水分補給の必需品と言えば、水筒です。

幼稚園や小学校に通うお子さんをお持ちの方であれば、誰でも持っているものではないでしょうか。

私の娘が通う幼稚園では、

  • リュック(園指定の登園用)に入る大きさ
  • ベルトの取り外しができる物

と言う条件が出されています。

娘の水筒は、リュックには入る大きさだけどけど、ベルトはそもそも付いていない…。
買い換えも考えたのですが、現在の水筒を気に入っていて、それ以外の水筒は、「幼稚園に持って行きたくない!」と言い出してしまう始末です。

私以外にも、そんな状況になった方はいるのではないでしょうか。
そんな方に、水筒カバーを作る事をオススメします。
好きな生地で作ってあげれば、さらに喜んでもらえると思います。

スポンサーリンク

水筒カバー作りで用意する物

生地
・キルティング生地(胴回り) 26cm×20cm
(縫い代、上左右1cm、下0.5cm)
・綿生地(折り返しの布) 26cm×3cm
(縫い代、上下0.5cm、左右1cm)

・キルティング生地(マジックテープ部分) 6cm×4cm
(縫い代、上下左右0.5cm)
・綿生地(マジックテープ部分) 6cm×4cm
(縫い代、上下左右0.5cm)

・キルティング生地(肩のベルト) 42cm×6cm
(縫い代、上下0.5cm、左右1cm)

・キルティング生地(底、円形) 直径4.3cm(縫い代、0.5cm)

500mlの水筒でのサイズです。
350mlの場合は、キルティング生地(胴回り)を26cm×15cmで用意してください。

その他
・Dカン 1個 (ベルトの幅に合わせて)
・アジャスター 1個 (ベルトの幅に合わせて)
・ベルト 90cm(子供の背丈に合わせて)
・マジックテープ 3cm×2.5cm

suitou-zairyou

水筒カバーの作り方

1.ベルトを10cmと80㎝に切り分け、80cmの方に、アジャスターに通して、縫い付ける。

suitou-tejun1

2.肩のベルトの生地をかがり縫いし、縫った部分を折り込み、更に半分にして縫います。

suitou-tejun2

suitou-tejun2-1

3.手順1で縫ったベルトのアジャスターの着いていない方に、Dカンを通す。

suitou-tejun3

4.Dカンとアジャスターを通したベルトを、手順2で縫った肩ベルトに通す。

suitou-tejun4
5.胴回りの生地を左右と下の部分にかがり縫いする。
※上となる部分にかがり縫いはしない。

suitou-tejun5

6.Dカンに、切り分けた10cmのベルトを通し、半分に折る。

7.胴回りの表面に、ベルト、折り返しの布を乗せ縫う位置を決める。ベルトの向きに注意して下さい。縫う位置が決まったら、まち針と止める。

suitou-tejun7

8.まち針で止めた部分を縫い、折り返す。

suitou-tejun8

9.折り返し布の縫い代部分を折り込み、縫う位置を決める縫う位置が決まったら、まち針と止める。

suitou-tejun9

10.まち針で止めた部分を縫う。ベルト部分は、ベルトに合わせて四角く縫う。

suitou-tejun10

11.胴回りを円形に縫っていきます。胴回りを半分に折り、端を縫います。上から数cm部分は開き口にするので、縫わない。

suitou-tejun11

12.開き口部分を縫う。

suitou-tejun12

13.底の部分を縫う。胴回りと底を仮縫いしておくと、縫うのが楽です。

suitou-tejun13

14.ひっくり返し、実際に水筒を入れてみて、大きさを調整して下さい。

suitou-tejun14

15.マジックテープ部分の生地(キルティング、綿)を中表にし、上下、片端を縫う。

suitou-tejun15

16.ひっくり返し、綿生地部分にマジックテープのふわふわしている方を縫い付ける。

suitou-tejun16

17.マジックテープを縫い付けた布を胴回りの開き口部分に縫い付ける。

suitou-tejun17

18.胴回りに、マジックテープのざらざらしている方を縫い付ける。

suitou-tejun18

縫い付けられたら完成です。

suitou-kannsei

今回こちらの動画を参考にしました。
記事と動画両方見ていただければより効率よく作れると思います。

(動画主のみずいろうさぎ様には許可を得て画像を掲載しています。)

清海
こちらもどうぞ

今回『サーモス(FEJタイプ)』 の水筒カバーの作り方として説明しましたが、水筒カバーの基本的な作り方は、メーカーやタイプが違っても同じです。
少し手間ではありますが、寸法を取れれば作り方は同じです。

スポンサーリンク

最後に

シンプルな水筒も、水筒カバーがあれば好きな柄を持ち歩くことができます
お子さんの水筒はもちろん、ご自身やご家族用にもオススメ♪

是非、作ってみて下さい!

by 清海

スポンサーリンク

関連記事はこちら