昨日とても息子が喜んでいたので、昨日に引き続き、本日もグランフロント大阪
ボーネルンドのキドキドへ行ってきました。

今回は、キドキドのベビーコーナーについて紹介したいと思います。

Sponsored Link

キドキドでは親は目を離せない。

キドキドは子供が大はしゃぎして、楽しめるメリットがあります。
しかし、同時に、小学生高学年の子供も、2歳、3歳の幼児と同じ場所で遊ぶので、衝突などのリスクがあり、親は目を離せないのが残念な点です。

そんな危険なところに、乳児や1歳の子供は連れて行けないと思ってしまいますが、
そこは、きちんと赤ちゃん用の専用スペースが用意されています。

キドキドの赤ちゃん専用のあそび場

それが「赤ちゃん専用の遊び場」です。
別名がBaby Garden(ベビー・ガーデン)です。
ここでは、6-18ヶ月の赤ちゃん専用の遊び場ですので、走る子供もいません。

小さな赤ちゃんが、安心して全身で思いっきり遊べるスペース。
はいはい、つかまり立ち、よちよち歩きなど、発達段階にあわせた遊びの中で、赤ちゃんの成長を発見することができます。

と記載されています。

IMG_6767

衝突のリスクも極めて低い場所です。

歩くとドレミファソラシドの音が出るところや、楽器に加えて、絵本など、赤ちゃんがのんびり楽しめるスペースになっています。

IMG_6970

絵本コーナーです。
絵本の他に歩き始めた赤ちゃんや、座れるようになった赤ちゃんが楽しめるおもちゃもたくさん置いてあります。

IMG_6972

子供が好きなボールのプールもサイズは小さいですが、設置されています。

IMG_6966

こちらは、窓を開けると、物語を楽しめる工夫がなされています。

IMG_6968

さらに、ドミノ倒しのような遊具もあり、最後に鐘が鳴るという工夫までされています。

Sponsored Link

今回は動画を撮影してきたので、ご覧ください。
このコーナーの楽しさが伝わると思います。

さらに、授乳室オムツを替えるスペースもこのエリア内に、完備されており、まさに赤ちゃんにとって至れり尽くせりです。

IMG_6962

休日の昼間はかなり込み合いますが、遊ぶスペースがないという程ではありません。

写真は休日の16時半頃に撮影しましたが、ご覧の通り誰もいません。

赤ちゃんのスペースですので、この時間まではなかなか赤ちゃんもいないようです。

◆オススメ◆
関西でお出かけスポット、実際に行ったところだけ、まとめました!よろしければどうぞ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関西子連れおすすめ

最後に

子供が大好きなおもちゃや遊具が満載のキドキドですが、大きな子供もいるので赤ちゃんを連れて行くのは、不安になりがちです。

でも、「赤ちゃん専用の遊び場」が完備されていますので、6-18ヶ月の赤ちゃんでも安心して楽しむことができます。

もちろん常に目は離せないですが、親もリラックスできる場です。

by kudi

Sponsored Link


関連記事はこちら